我が家の年末恒例の行事は家族みんなで餅つき

我が家では毎年年末に家族みんなで餅つきをします。
以前は機械でやっていたのですが、物置の奥から石臼が出て来たこともあり、
杵と臼で餅つき大会をする事になりました。

前日からもち米をつけていました。
当日の朝からバタバタです。
もち米を蒸すことから始まります。
そこからはもうお祭り状態です。

音楽をかけながら餅つき大会です。
家族みんな交代で杵を持ちます。
子供たちも一緒につきます。
1回目のお餅はその日にみんなで食べます。

あんこや大根おろし、お汁粉など自分の好きな食べ方で食べていきます。
あっという間に1度目のお餅は無くなってしまいました。

そんな事をしていると2度目のお米がきます。
そこからは真面目にお餅つきをします。
お鏡餅に使うものやお雑煮にするものなどをついていきます。

子供たちはお腹いっぱいになったので少し飽きてきます。
白いお餅を三回つきました。
そのあとは豆餅です。
豆餅になるとまた子供のテンションが上がります。
つきたての豆餅はまた最高に美味しいのです。

豆餅も二回つきわってら次はエビ餅です。
これも綺麗なピンクになるまで一生懸命つきます。
味を少しつけて出来上がりです。

朝一から始めても全てが終わるのはお昼過ぎです。
でもみんなお腹いっぱいで大満足でした。

主人の実家で過ごすお約束の年末年始の過ごし方

我が家は年末から年始にかけて5日くらい主人の実家に泊まります。

まず、年末は餅つきです。
29日は縁起が悪いので避けて、28日か30日につきます。
子供もいるし、もち米をふかすまでは主人のお母さんがしてくれるので丸めるだけです。
神餅をさきに作って後は家餅です。

大体2時間もあれば終わるし、片付けも慣れてきました。
大掃除は2階の寝る部屋を掃除機かけて軽く拭き掃除します。
神棚飾りは主人のお父さんの仕事。

31日は子供と私は簡単なおせちを作ります。
毎年、田つくり、紅白なます、たたきごぼう、栗きんとんが定番です。
黒豆を煮たりお煮しめは、お母さんが作り、お魚は主人のお父さんがさばいてくれます。

そして、年越しにおせちと食べて年越しそばは、お父さんの出汁でいただきます。
本当に上げ膳据え膳でありがたい年末です。
大掃除は、ほとんどしません。

正月は親戚の集まりにいき、みんなで語らい盛り上がります。
嫁でも受け入れてくれるありがたい親戚です。
子供は慣れたもので、いとこと遊んで盛り上がっています。
年1回しか会わないのにすごいなぁと感じます。

主人の実家では、ほとんど朝は七時過ぎに起きてグーたらしています。
たくさんおいしい料理に1キロは太って帰ります。

年末年始は、大きな変化の時期

年末年始は、変化の時期です。

・・・体重がっ!!!

年の瀬なので、会社での忘年会が沢山入ります。
年末年始だから買い物に不便になるかもと、色々買い込みます。
年末年始のセールも沢山行われて、もちろん食料品も。

年末年始の食べ物といえば、
@おせち
もともと3が日に料理をせずに済むようにと、
保存の聞く食べ物が主に入っています。
なので、ダラダラ食べても大丈夫 → 太る

@おもち
炭水化物にいろいろカロリーのあるものをつけて
たくさん+ダラダラ+毎日食べてしまう → 太る

@年末年始だからと暴飲暴食 → 太る

し・か・も
年末年始なんて、運動量が減るシーズンです。
寒いし、そもそも運動する空気でもない。
そうなると、体を動かさないので、燃やす量が減っていきます。
体も少しなまるでしょうし、太りやすい体になる危険性が・・・。

毎度毎度、年末年始を過ぎると
体重計に乗って「今年はダイエットからはじめないと・・・」
と、なる年の始まりが多いものです。
なんとかしたいですね。

最近は、ネットや雑誌でも、簡単に短時間で出来るエクササイズなど
色々な情報が手に入ります。

あとは、自分でどれだけやるかですよね。
手軽運動方法って、世の中に溢れているのに、
なかなか運動って続かないですよね・・・。

がんばろう・・・・。
今年の年末年始こそは!

«今だから笑える、初詣での珍しい運のつくトラブル